お仕事コラム

何歳まで働くの?

何歳まで働くの?
昨年からニュースなどで取り上げられはじめた
「生涯現役社会の実現、70歳まで働ける制度を・・・」
近い将来70歳定年制もあり得るかも。

ん?そんなに働くの?
逆にそんなに働けるんや!
個々人のとらえられ方は様々。

そもそも、かつては55歳が定年の主流だったのが
1986年、「高年齢者雇用安定法」による「60歳定年を
努力義務化」を皮切りに2013年(同法改正)施行の
「希望者全員の65歳までの雇用を義務化」と、働きたい方
の働ける年数が10年伸びた。また、企業によっては
65歳定年制を導入し、最長70歳までの継続雇用制度の
導入を検討しているところも・・・
この状況を考えると70歳定年制も現実味を帯びてくる。

55歳が定年だった時代、新卒で働き始めて30数年勤めて
定年を迎える。
今後仮に、70歳定年制を導入した企業にミドル世代の、例えば
40歳で転職したとして、55歳が定年時代とほぼ同じ30年
勤めることになる。まさに、第二の人生、第三の人生が開ける
可能性があるかもしれません。考え方によっては70歳まで働けると
人生の選択肢が増えると思いませんか。

「人生100年時代」
いい転職を・・・

ミドルエイジの仕事ナビ 事務局
投稿日時:2019年01月18日

(c) 2018 読売エージェンシー大阪.